雲梯に必要な経費

介護施設の運用経費について

福祉の分野は、社会的に弱い立場の人を相手にするという、その本来的な特性から、収益に対する期待を強く求めることが難しい分野です。しかし、福祉の分野で活動する者も、自らの生活を維持するためには十分な収入が必要であり、適切な人材確保のためにも、収入をを保証することが重要です。 このように考えると、介護事業に関しても、社会貢献という側面からだけではなく、営利事業として捉えることが必要になります。介護の拠点施設の運営方法として、合理性が期待できる一つの選択肢が、フランチャイズです。 フランチャイズについては、初期費用としての加盟料は、決して少なくはありませんが、運営のノウハウを確立するための費用としては大きすぎるものではありません。

施設運営の量と質について

フランチャイズの活用によって、介護施設についても、基本的な運営を手軽に軌道に乗せることができます。一方で、フランチャイズでも、比較的小規模の介護施設などでは、その立地地域の事情が深く影響してきます。 このような各地域の事情に関しては、基本的な運営からは直接に解決できない課題も、少なからず発生してくるのです。 もちろん、これらの課題については、施設運営を継続していくことにより、解決の糸口を見出すことが期待できます。しかし、フランチャイズ契約が、このような解決を制限するものであっては困ります。 そこで、フランチャイズとしての量的な展開とともに、各施設ごとの特性に見合った質の向上のための自由度の確保が課題となってくるのです。